現代病と言われる心の病気は薬とカウンセリングで治療可能

病気を知る

悩む男性

その種類はさまざま

心の病気は1つに限られるものではなく、いろんな種類がありその症状も違ってきます。うつ病、適応障害、心身症、双極性障害、パニック障害、心的外傷後ストレス障害、依存症などさまざまです。それぞれ治療法も違っており、処方される薬も変わってきます。最近では心の病気にかかる人が増えていることもあり注目されてくるようになっていますが、実際にそれぞれどのような病気なのかよく理解していない人も多くいます。ある程度症状を理解することで、自分や他者が心の病気にかかっていないか見てわかるようになることもあるので、それぞれの心の病気を知ることが大事です。うつ病は生活や仕事などからの出来事が原因で落ち込みが強くなり、その気落ちした状態が何日も続きひどくなれば自殺したいという願望も現れる病気です。適応障害は馴染めない環境から不安障害や気分生涯に陥り、その環境から離れると症状が現れる病気です。心身症は円形成脱毛症や胃腸炎などのような精神的なストレスから身体に影響が出てくる病気です。双極性障害はうつ病の症状と興奮した状態が繰り返して現れる病気です。パニック障害は人が多いところや舞台に立つような緊張するところなどで体調が悪いわけでもないのに、息苦しく感じたりドキドキするなどのような発作が起こる病気です。心的外傷後ストレス障害は、何かショッキングは出来事に遭遇し、それがトラウマとなってフラッシュバックが起きたり悪夢を見たり頭痛が起きるなどのような精神的ストレス障害です。依存症はアルコールやギャンブルなど日常生活に支障をきたすことがわかっていても、自分の力ではやめることができない病気です。このように心の病気はいろいろとあり、その症状も違ってくるのです。

治し方の種類

心の病気を発症してしまう主な原因は、それに伴うストレスとよく伝えられていますが実のところまだはっきりとその原因は解明されていません。生活環境から発症する人もいれば、突然の環境の変化から発祥する人もいますし、持病や障害からの身体的なつらさから発症する人もいます。心の病気の治療法は薬物療法やカウンセリングが主となっていましたが、最近では治療法も増えてくるようになり症状や病気にあわせて対応するようにもなってきています。太陽の光と似た光を発酵する無頼とライトの光を浴びて治療を行なう方法や、認知行動療法という患者の思考をマイナスに向けないようにプラスに向けて考えるように行なう治療法などを行なう病院もでてきています。心の病気は脳の機能が低下している状態でもあり、身体的な治療を行ないながら精神的に安定させる方法を取り入れ回復させていきます。脳の機能を回復させなければ精神的に安定させる力を発していくことができません。そのために必要であれば薬を処方することもあります。しかし薬には副作用があり、体に合わずさらに苦しい思いをするのであれば、それははっきりと医師に伝え相談することが必要です。ストレス社会となってきている世の中、ストレスから心の病気にかかってしまう人は多くなってきており、その治療の対応に追われるようにもなってきています。そのために症状に合ったさまざまな治療法を増やしていき、患者の苦しみを取り除くことができるように心の病気に対する研究も続けられています。